水門塗装工事  

70032

水門塗装工事のため枠組み足場で施工しました。

70031

この現場では満潮と干潮の関係で作業場所を時間で区切り作業を進めていきました。

70030

飛散物が無いように密封した空間をつくりました。何のための足場?ということを理解してから作業をしていくと、どこに、何が、どこまで必要か?ということが、はっきりとします。それが無駄なことを無くすことに繋がります。いつでも先のことを考えることで当日の余裕をつくれます。余裕があるとより的確な指示を出せます。的確な指示をされた側は余計なことを考えずに済むので作業が分かりやすくなりスムーズになっていきます。自分に余裕をつくることは相手にも余裕を与えることが出来るということです。それが、作業効率を上げ、安心と笑顔に結びつきます。…次の一歩が出遅れないように、職人さん皆で頑張りましょう!…今年最後の12月、日々の作業をご安全に!!