日々の足場点検  

9月点検

こちらのくさび緊結式足場で施工している現場に点検に行きました。

9月点検1

資材搬入場所が狭いため手前半分を組み上げてから、奥の半分を組んで行きました。

9月点検2

奥へは距離がありトラックも入れないため代車を使用して資材の入れ込みをして行きました。

9月点検3

施工途中に足場内を点検し、不安定な箇所は直しました。毎月様々な現場を点検する中、指摘事項の数は減ってきましたが、指摘にあがるほとんどのことは、これでいいや!を感じる施工です。指示をしたのに理解されていないから、これでいいやになる。これを解決するなら、指示をした職長さんが、指示を出してやり終えたことを受け、最後の確認までをすることです。伝えたのに、何でやってないの?と思うなら、伝えたのに、何で伝わっていないのか?自分に問題があることを認め、伝え方を変えてみることです。それでも指摘されなくなった施工は増えてきています。この場合はどちらでもいい、ではなく、この場合はこれじゃなければダメと答えを複数ではなく1つにすることで選択肢がなくなります。今後も答えを明確にしていき、安心で綺麗な足場を施工していけるよう呼び掛けていきます。職人さん、今の作業を的確に、今日の作業をご安全に!!