月1による社内安全パトロール  

9月パト

今月は解体足場組立中の現場をパトロールに行ってきました。

9月パト1

各所を点検していくと、くぎ打ちやロックピンの入れ忘れがあり、現場の職長さんに対応するように話をしました。

9月パト2

パトロール班は職人さんを集め、今日の作業内容、作業計画の確認をしました。施工内容は現場内のルールを守り、計画的に進行されていて問題はありませんでした。どうしてこのような施工をしているのか?等の話し合いもでき、現場内の雰囲気も良い現場でした。各職人さんが持ち場を集中して作業出来ていたことと、施工範囲を明確にしていたため、職長さんの指示がしっかりと伝わっていることがわかりました。こうした現場では事故が起こりにくくなります。なぜなら、作業のメリハリをつけ、集中力を高めているからです。作業中は声も出ていました。指示も出ていました。皆の今日の目標が合致することで、一人の力は微々たるものかもしれませんが、その力が集まった時の威力は絶大です。こういった現場からは安心を感じられます。今後も安全作業で安心つくりを広げていきたいと思います。職人さん、今日の作業をご安全に!!