第37回定例会  

s-第37回定例会-2

朝夕はめっきり涼しくなりました!澄みきった青空が秋を感じるこの頃…とは言っても最近では台風の影響もあり雨が降ったり止んだりと、とび職人にはスッキリしない天気が続いております!…そんな中、第37回定例会が行われました!今回は何度か言っている当たり前のことを当たり前に行ないましょう!と呼び掛けました!まだまだできていない人が多すぎる!なぜ本番である当日現場で困るのか?…適当に時間を過ごしているからです!時間は無限にはありません!現場には工期があり日々進んでいるのです!プロ意識の低さ…以前の問題です!道具を磨き…ウデを磨き…己を磨く…そしてトラックも磨く!まさに職人魂そのものです!何年後かにカッコイー職人になるのか?カッコワルイ職人になるのか?全ては今!この時なのです!等、指導致しました!1回で分かれば苦労はしません!繰り返し教育していくことが明るい未来へとつながる一歩一歩なんですね!

s-第37回定例会

現場をこなしていくと職長が変わってしまうということがあります。その際、引継ぎをしっかりしましょう!と営業から声があがりました。自分の現場ではないから、途中からだから、等個々の理由、意見はいりません!…コンビニに行って買い物をするときレジの人が代わった瞬間、雑な扱いをされたらどう思いますか?その人がダメではなくそのコンビニがダメ!と思いますよね!職は違えどやっていることは同じです。今回は当たり前!について考える時間となりました。これからもとび職人の意識向上のため定例会を通し指導していきます!