第29回定例会  

s-第29回定例会-2

2月…実際には1年の中で寒さが最も厳しく、雪も多い季節です。しかし4日頃には「立春」を迎え、春が始まります。寒さと新年から張り詰めていた緊張から心もホッとひと息つくことができるでしょう。しかし現場は日々変動していきます。…今回は安全帯の徹底!!について全員に呼び掛けました!建設業では2㍍以上での作業を高所作業と言い墜落防止の措置をしなければいけません。過去の建設業全体の事故例を見ても2㍍に満たない高さからの墜落によりかけがえの無い命を落としてしまった人はたくさんいます。ではどうして命を落としてしまったのか?…そう!安全帯を掛けさえしていれば命を落とすことはなかったのです!自分だけ安全帯を掛けていればいいや!ということではなく同じ職場、周りの仲間にも安全帯を掛けよう!と呼び掛けること、そして安全帯を使用することこそが安全なんだ!と意識することが大切なこと!!と教育を致しました。皆様、安全帯を飾りだけの危険帯にしないでください!!

s-第29回定例会

安全品質・教育管理から一言!みなさん、あいさつできていますか?現場での作業を終え職長をはじめ職人さん全員で「お疲れ様でした!」とあいさつをしましょう!決して恥ずかしいことではありません!そこに仕事のできる・できないは関係ありません。みんなで気持ちの良い職場、気持ちの良い雰囲気をつくっていきましょう!…今月もご安全に!!